June 2019
 バックナンバー

 5月はじめのある日 タクシーで出掛けた帰り路 「しだれ桜がある あの道を通ってみたい…」と頼みました
 私の住まいは 住宅地として整備されている場所なので古い樹はありません
でも すぐ隣りには自然がまだ残っている地域があります(写真1~3)

 
 
 

「残念 桜は終わってしまったのね…」
と 道を曲がったら 白いモクレンが咲いていました(写真4)
「ワ! キレイ」
 帰ってすぐに その花を描きはじめました(写真5)
木蓮→マグノリアと想っていたら 描いている絵の上に いろいろな状景が重なって見えはじめます

 
 

 50代はじめのころ 親しかった友人が「マグノリアの花たち」という映画のVIDEOを貸してくれました 英語版だったので無理をして観ましたが 娘を亡くした母親が「私は 娘の誕生と その最後と 彼女の人生の一番大きな事柄に立ち会うことが出来たのは 幸せ」という意味のことを云ったことを思い出しました その友人も以前にガンで亡くなってしまいました
 その次には 妹がアメリカ南部にいた時に マグノリアの大きな造花を送ってくれ それを以前暮らしていた鎌倉の居間に飾っていたことを思い出しました 「そう云えば 今日は妹の誕生日だけど… どうしているのかしら…」

 私の絵をご覧になった方が 私のようにいろいろな事を アルバムを見返すように 思い出して頂けたら と存じます

 
 

 また ある日は 軽井沢レイクガーデンに行き「クラブアップル」の花が咲いた枝を貰いました(写真6) と… また 沢山の映像が私を楽しませてくれます

 
 
 

不二子