December 2019
 バックナンバー
 

 今年も丸善・個展(東京)が無事終わりました 大勢の方々にご来場頂き本当にありがとうございます

 年間180点前後の作品を作り続けていますが 個展を終えて思い返してみると スーッと描けた絵は少ないのです

 
 

 今シーズンは毎週月曜日の午後 軽井沢レイクガーデンに画材を頂きに通いました ガーデナーの彼女が素材を切ってバケツに入れて置いてくれます 私はそれを見るのが楽しみで受け取ると 急ぎ帰宅し どの花ビンを使おうか迷いながらアレンジをし 仕上がりの絵も頭に浮かべます

 
 
 

  ある日 いつもの様にガーデンに行ったのに 彼女が急に体調を崩しお休みで画材がありませんでした ーフッと気が抜けた私にタクシーの甘利さんが「いつもと違う道で帰ろうよ」と云って湿地っぽい草原の道を選び走り出し… と草むらに白いフランス菊(デイジー)がひと群咲いています
 「あ あれ欲しい!」彼が切ってくれ少し行くとまた車を止めて 白い花が咲いている木の枝を少し 採ってくれました
 家に着き 早く水揚げしないと と思い 慌てて白いバケツに入れました…
「この儘 描いてみよう」とすぐにバケツの儘描き上げました(下の写真)
 この絵は 私の予想外 不意を突かれて生まれた作品なので心残りがなく 好きな一点になりました

 
 

 今回の個展で この絵は一番早く予約が入りました。

 構えず 力まず スーッと描ける絵描きになりたいと思います
来年も よろしくお願い申し上げます 良い年が来ますように…

 

不二子