pagebanner

 

 

2012.4

オンライン ギャラリーをお楽しみください▼

これまでのギャラリー:
2012.2
2011.12
2011.10
2011.8
2011.6
2011.4
2011.2
2010.12
2010.10
2010.8
2010.6
2010.4
2010.2
2009.12
2009.10
2009.8
2009.5
2009.3


  Last Updated: 2012.4.1.

あなたへ

 また新しい季節のはじまりですがいかがお過ごしでしょうか。

 今日は3月15日、軽井沢にはまだ春がきません。芽吹きがもう待ち切れないようなこの頃です。写真でお目にかけたいような景色がないので、今号は私が大事にしている身の周りのものを撮りました。

1 2 3
4 5 6
クリックすると拡大表示されます

1.鉄製の“馬の燭台”は15年位前に買ったものです。

  フィンランド人の店で売れずに飾ってあるのを毎回見ていたのですが、彼女が「日本人は私の好きなデザインは好きではないのよ・・・」と云うのを聞いた時、とっさに「私は好きよ!」と云うかわりに買ってしまいました。
 日常の暮らしに必要ではないものを買ってしまった、という後ろめたさを引きずりながら新聞紙に包んで鎌倉の家の押し入れに隠しました。 「今にこれが似合うような家を建てるぞ!」と密かに思う事が言い訳のようになり」「新しい仕事場を作る・・・」「いやそんなこと無理、無理」と繰り返し自問自答を続けました。
 9年前、軽井沢にアトリエを持つ事が出来、偶然そこにピッタリの置き場所ができました。 ですからこれは私にとってのモニュメントです。

2.黒い熊のスピーカーは息子夫婦から私の77歳誕生日のプレゼントです。

 CDではなく「iPod」が欲しいと騒いでいたのですが、娘に「ママには操作が無理」と冷たく云われ「買ってやるぞ」と密かに思っていたものです。大喜びで聴いていますが、息子が入れてくれた曲だけで、自分で好きなものを追加することが出来ません。

3.“5匹の楽師”はこれも衝動買いです。

 家に持ち帰りよく見たら、猫のシンガーが娘にソックリ、他の4匹もそれぞれ息子たちに似ています。
 家族の写真を飾るよりもリアリティーがあると思って飾っています。

4.Winterthur(スイスの街)から来た熊の“Win-chan”。

 私を時々襲う孤立感を救ってくれるパートナーです。

56.のマグカップは最近買いました。

 ずっと食器はシンプルな白が好きでしたがこの頃、柔らかな形や黒を使ったものが気になります。
  ガラスの花瓶も堅いストレートなものより曲線のものに惹かれます。
写真を並べてみると、馬、犬、猫、ねずみ、兎、熊と動物たちを身近に置いていると気づきます。
 この外にもキツネ、アヒル、にわとりも居るのですから・・・。

4月、5月・・・平穏な日々でありますようにと祈ります。

不二子

------------------------------------------------

今月のオンラインギャラリー

  1. バラ(Wishing)と苺
  2. 大輪のチューリップとライラック
  3. 春の気分
  4. 春のブーケ(1)
    春のブーケ(2)
  5. バラ(Angel Face)とクリスマスローズ
  6. 飾りのある花ビン
    茶色い花ビン
  7. クリスマスローズ2種
  8. バラ(Rhapsody)とアネモネ
  9. ラナンキュラスとクリスマスローズ
  10. Yellow Ranuncula
  11. ラナンキュラスとミモザの花

次回は2012年6月に更新します。

 

atarashiie

 

 

e ten btn-suri  home

Copyright by Hashimoto Fujico 2000 - 2012. All rights reserved.