pagebanner

 

 

2012.12e-idx

これまでのギャラリー:
2012.8
2012.6
2012.4
2012.2
2011.12
2011.10
2011.8
2011.6
2011.4
2011.2
2010.12
2010.10
2010.8
2010.6
2010.4
2010.2
2009.12
2009.10
2009.8
2009.5
2009.3

 

  Last Updated: 2012.12.1.

 私は 春から初冬までの間 軽井沢周辺を車で走り廻って絵の素材を探します
 車の運転をしているわけではないので 後部座席に座った儘 右や左側を見続けています 車に乗っているという意識はまったく無くて 鳥が獲物を追って低空飛行をしているような気分です
 「アッ あれ!」と叫ぶと 車はすぐにバックをして 車が止めやすい場所を見つけます

 夕方 5時過ぎには もう暗いあるひ「ルヴァン美術館の方を廻って帰りたいわ。」
 この廻り道の帰途は谷がある山道を抜けます
 暗くなった谷には 白い霧が流れ樹々は黒い影のようです
 道の先は 左側の崖のかげに廻り込んでいるので ヘッドライトの行先もありません

 谷を越えた所の右側に今まで気づく事のなかったお地蔵様が立っていて  その前に咲く秋明菊を採らせて頂いた瞬間、私は気付きました。
 ここに立つお地蔵様も、この花も、山の樹々も暗くて怖い夜の間ずっと ここに居続けるのだと・・・ これからの凍てつく寒い日々もここに居るのだと・・・ 夏の間 明るい光の中でしか花を見ることがなかったので このことは心の奥底に刺さりました

 絵の中に この光景を描くことは出来ないけれど これを知っているのと知らずに描くことは「違うはず」と思いました

 2013年が 良い年でありますように…

 不二子

 次号は2013年2月1日です
 全面改装してお届けします

-------------------------------------------------------

 今月のオンラインギャラリー

  1. 秋の庭から
  2. 秋明菊
  3. 秋明菊とナツメの実
  4. バラとダリア(1)
  5. バラとダリア(2)
  6. 秋のバラ(1)
  7. 秋のバラ(2)
  8. 野ぶどう
  9. キクタニ菊と柿
  10. 菊と紅葉

 

atarashiie

 

 

e ten btn-suri  home

Copyright by Hashimoto Fujico 2000 - 2012. All rights reserved.