October 2020
 バックナンバー
 

 コロナ禍のため 日常生活にいろいろ不自由を感じ 気分が晴れない日が続きます
 最近は戦中戦後のことを身近に思い出すことが多くなりました

 
 

 「記憶」が詰まった私個人用の引き出しを開けて見ると 普段忘れていることをいろいろ探し出せます 古いアルバムを見返している時のような感覚になり それに集中しはじめると次々思い出したくなり すっかり忘れていた事の数々が昨日のことのようにその映像が浮かび上がります

 
 

 「記憶」の映像は4才の時見たものも74才で初めて経験したことも同じ場所に保管されているのです

 
 

 小学2年生の夏(小学1年の時開戦)逗子(神奈川)の海岸近くの橋の上に立って満潮に乗って魚が上がってくる川の流れを見ていた時のこと…海水浴に来られたらしい方が カメラを出して川の景色の写真を撮られました と突然そこに憲兵が近づいて来て そのカメラを取り上げフィルムをサッと抜き取ったのです

 

 今 その時の情景を 私の「記憶」が一杯入った引き出しから見つけたのは 今 あの時のような不安感が皆の中にあって 他のひとを疑ったり監視、攻撃するような心理状況を見聞きすることが多いからでしょう

 
 

 私が描く絵は ほとんど「記憶」の物語がある植物です そして目新しい素材に出会った時は新鮮な気持ちで向き合い「記憶」の引き出しに追加します

 楽しかった「記憶」を沢山見返してみたいと 今感じています

 
 
 

不二子