October 2017
 バックナンバー
 

 私にとっての例年行事 丸善個展(10月18日~24日)の準備が無事に終わりました

 今年6月頃のある昼下がり 喘息性気管支炎がなかなか治らず 痰をゲロゲロと吐きながら いつものように絵を描いていました

 

 と 突然 痰が気管に詰まってしまい息が出来なくなりました
お腹に力を入れて吐き出そうと何度も試したけれど・・・
ビンのコルク栓がどうしても抜けなくなった時のような感じです

 

 手を見たら 紫色になって来ています
「私の最後って これだったんだー」
描きかけの絵を眺め
「これが 絶筆だったんだぁー」
「もう少しマシな絵描きになりたいと 随分沢山描き続けて来たけれど 結局 こんな程度だったんだ・・・」

 

 近くに腰掛けている息子に背中を強く叩いてもらいたいと思ったけれど 体は動かないし声も出ない・・・ 彼はスマホを見ていて気付きません

「息子さんが同居なされるようになってご安心ですね」と云われているけど
「死は まったく個人に起こる事件なんだ」と思いながら もう1回と・・・
力一杯 痰を吐こうとしてみたら ピューという音がして 空気が外に出ました

 

 この時の絶筆になりかけた絵も今回の丸善に並ぶはずですが どの絵だったのかは まったく記憶にありません

 もう少し〈マシな絵〉というのも何だったのか 今 解りません ただ せっせと描き続けています 丸善で拙作をご覧頂けましたら うれしゅうございます

不二子

PHOTO: FUJICO